夏は過ぎるのが早い

2015.08.28 Friday 23:40
0
    ようやく暑くなってきたぞ、と思ったら朝晩は虫の声。
    なんかここのところ夏が過ぎるのが早い。
    確かに猛暑なのだが、一瞬カーッと暑くなってすぐ冷える感じ。
    反面、寒い冬は異常に長く感じる。

    で、今年の夏山は中ア周回に行ったきり。
    毎年のことながらお盆は仕事。
    今現在まだ夏休みも取れていない。

    既にTwitterで公開されてるのでいいだろう。
    KUMAクンが北アルプスを回ってきたらしい。
    ルートは新穂→双六小屋→三俣山荘→鷲羽岳ピストン→三俣蓮華岳→双六岳→新穂 の3泊4日。
    出発前にメールを貰ったのだが、あいにく出発日は台風直撃。
    その日の朝のツイートでは新穂はひどい雨。
    その後台風も過ぎ、雲と風は残っているものの、無事山を歩いていることだろうと思っていた。
    とか何とか言って頻繁にライブカメラで北アの状況をチェックしてたけどね。

    心配だった秩父沢は大丈夫のよう。
    ただ上高地のライブカメラでは穂高の稜線は厚い雲の中。
    槍のライブカメラもガスっている。
    無事鷲羽までいってもらいたいと思っていたら・・・。

    下山予定の一日前の今日、夕方メールが入り、今下山したとのこと。
    出発はやはりひどい雨だったので、昼に新穂を出て一旦わさび平でテン泊。
    次の日ガスの中を双六小屋へ、そしてテン泊。
    そして今日、双六岳ピストンして新穂へ下山したそうだ。
    槍穂は雲の中だったけど、鷲羽や水晶はキレイに見えたらしい。

    それにしても初日わさび平までといい、鷲羽はあきらめ双六岳までといい、空と相談した的確な判断だと思う。
    明日はまた天気が不安定。
    無理に鷲羽まで足を延ばすと帰りが大変。
    ここ下界ですら青空が見えたと思ったらいきなりの土砂降り。
    確かに三俣蓮華、鷲羽と行きたかっただろうが、そこはスパッとあきらめて下山する。
    簡単そうでなかなかできない。
    もしかしたらここが遭難するかしないかの境目なのかもしれない。
    改めて自分も見習わなければ。

    ということで、新刊を購入。
    岐阜県警
    長野県警版もあるけど、まずは在住の県から。
    たくさんの人達のおかげで山に登っていることを忘れてはいけない。

    で、今年の夏休みは?

    見通しがつかん・・・
    まずは溜まった仕事をお片付け。
    新しい部署だから仕方ないね。
    こちらを頑張ってこそ山がある。

    明日は土曜日だけどイレギュラーで出勤だぜ。
    もっと野菜食わなきゃ。
     
    category:- | by:cirruscomments(0) | - | -

    ダイバーシティ

    2015.08.15 Saturday 23:31
    0
      ブログも久々。
      これだけ放置されていると見る人なんていないからいいかって更に放置。

      暑い暑いと思ったら北アルプスでは既に秋の気配とか。
      巷はお盆休み。
      こちとら仕事仕事でかなりバテ気味。
      土日は貴重で平日にできないことをやっておく。
      てな訳で8月の登山はまだ。

      とはいっても6月の終わりにKUMAクンと西穂独標。
      7月にはソロで下呂御前山、KUMAクンと御嶽飛騨頂上。
      そしてアッちゃんに「死にますよ」と言われた中央アルプス周回とそこそこ山には行った。

      例年8月は暑いせいか、あまり山には出かけていない。
      9月にガッツリ登るため、そろそろ体動かしておかないとね。

      話は変わって、近頃「ダイバーシティ」という言葉が目立ってきた。
      「ダイバーシティ」って改めて何?と聞かれると皆さんどう答えるか。
      「ダイバーシティ」とは「多様性」っていうこと。
      しかしここのところお役所を始め使われている意味は「女性登用」が主たるもの。
      まあ、これまでの男性社会の中、女性をもっと活用しようという意味ではそうかもしれないけどね。
      でもかなり昔から女性登用は言われてきたことで、一時は女性による女性のための製品開発グループとしていろいろなブランドが立ち上がった訳で。
      あれらはどうなったんだろうね・・・?

      でもって山の話。
      「ダイバーシティ」という言葉を借りれば山にも多様性が見られるようになってきた。
      「山ガール」なんてのはその一つかもしれないね。
      男性に女性、高齢者から若者、ベテランから初心者、健脚から鈍脚などなどいろいろだ。
      目的も様々。
      ピークハント、縦走、景色のいいところまで、山弁、ヤマコンなど。
      登り方もいろいろ。
      普通の日帰り登山、山小屋泊、テン泊、トレラン、沢登、ロッククライミングなどきりがない。

      でも全てにおいて山は平等。
      初心者であろうが女性であろうが関係なし。
      そうまでしてなぜ山に入る?

      御嶽噴火で沢山の人が亡くなった。
      今年の夏山も北アルプスのニュースを集めただけでも滑落、転倒、道迷い、病気で亡くなる人が多い。
      マスコミが煽る「山=危ない」。
      山に登らない人は登山を否定し始める。

      さて、そのココロは?

      「山ガール呼ぶな〜山ガール 山に問う〜」の中でちょっと語ってみる。
      ちなみにこれが最終回。



      なんだ、宣伝かよ。
      スンマセン・・・。

      きのこ
      湿気が多い中観葉植物の鉢に得体のしれないキノコ

      何の意味もなし。

      それでは皆さん、山に登ったら必ず無事に下山してね。
      くれぐれもマダニには注意(^^ゞ



       
      category:- | by:cirruscomments(0) | - | -

      メンテナンス

      2015.06.20 Saturday 16:51
      0
        カタナはドック入り。
        リアブレーキOHとFタイヤ交換。

        そして自分の体もメンテナンス。
        喉の調子も漢方薬飲み続けてるせいか、良好。
        この前の診察では続けて薬飲んでくださいとのこと。

        年明けから右で噛むと歯が痛くなった。
        冷たいものは大丈夫だが逆に熱いものがしみる。
        大事になってはいけないので歯医者へ。
        診てもらったけど虫歯ではないらしい。
        原因がわからず通院してたが先週歯の中(神経のあるところ?)を掃除してもらったら痛みがスーッとひいた。
        どうやら歯の中にクラックができていて菌が入り込み炎症を起こしていたようだ。
        歯がちょっとぐらついていたようだが、先日の診察ではよくなっている。
        これも完治まであとちょっと。

        そして最後は人間ドック。
        相も変わらずコレステロール値が高いが、先生曰く、遺伝的に腸からの吸収がいいためらしい。
        胃の写真から早食いだそうな。(自分ではゆっくる食べてるつもりだけど)
        最初に野菜食って最後にご飯食えと。
        ちょっと気になるのはHbA1cがちょっと高くなったこと。
        糖尿病の原因にもなるし、これはさすがに先生にも注意された。
        昨年の山の行動食が余っていたので、食後に少しずつ食べていたのがいけなかったのかな?
        それと初めて頭部MRIを撮影。
        結果は頭部頸部ともに異常なし。

        MRI
        脳外の先生のサイン付き。

        更には毎年一回検査してる心臓のエコー。
        弁膜症持ちなので毎年検診してるが、結果は昨年と変わらず。
        検診は2年に一度でいいですよとの所見。
        これでまたガンガン山に登ることができる。

        週末は奥丸山か、銀杏峰かと悩んだ挙句に銀杏峰。
        木村さんを無理矢理誘ったものの、天気が急に悪化したためやむなく中止。

        でもって「山ガールと呼ぶな」にペンを入れようとしたけど、買っておいたペン先が見つからず。
        確か車で少し走れば画材店があったはず。
        行ってみるといつのまにか店じまい。
        しょうがないので更に車を走らせ別の画材店へ。
        店に入ると人の良さそうなおじいちゃんが出てきた。

        「何が良かったかな?」
        「ペン先ください。Gと丸。」
        「そんなのあったかな? あんたそっち探して。」

        で自分が見つけてしまった。
        しかしおじいちゃんレジ打つにもうまく打てない。
        しかたないのでレジにあった電卓で合計と消費税分とお釣りを計算してあげた。
        帰り際に声を掛けられる。

        「どこかに所属してるの? 絵持ってきたら店に飾ってあげるよ。」

        お礼を言って店を出る。
        こんなホッコリしたお店いいな。
        ペン先

         
        category:- | by:cirruscomments(0) | - | -

        ツバメ

        2015.06.17 Wednesday 21:35
        0
          職場でふと建物の壁で凹んでいる部分に何かいるのを見つけた。
          覗いてみると、ツバメの子供四羽が並んでお行儀よくおすわりしている。
          どうしてこんなところに・・・?
          もしかしたら飛ぶ練習をしていて巣に戻るよりもちょうどいいところを見つけたのだろうか。
          次の日見たらいなかったので、恐らく無事巣立ったのだろう。

          同じ日、仕事から帰るとドアの前に何か落ちている。
          よくよく見るとツバメの生まれたばかりのヒナが仰向けになっている。
          あら〜・・・多分巣から落ちたんだろう。
          頭上の照明に巣がかけられているからね。

          でもよくよく見ていたら体を動かし、口もパクパク開けている。
          あ、生きていた!!
          早速家の中から台を持ってきてヒナを巣に戻してあげた。
          巣の中にいた別のヒナはびっくりしただろう。
          その後も何回か確認したけど、何とか巣に落ち着いたようだ。

          今日も仕事に行く時に確認したが、また落ちていることは無さそう。
          そして帰宅して下から巣を覗いてみると・・・
          数羽が顔を出している中、一羽だけピーピー鳴いて身を乗り出している。
          あ、あいつだ!! ってすぐわかった。
          あまりに元気すぎたので落ちてしまったのか。
          なんか自分を見てお礼を言っているよう。
          何はともあれ、元気に育ってまた来年帰ってきて欲しい。

          そういえば、ツバメ→燕といえば、燕岳。
          ここはまだ登ってないな。
          今年登ってみるか。
          これも何かの縁。

          燕岳
          水晶小屋手前からの燕岳。
          KUMAクン登ったことあるので詳しく聞いてみよう。

          浅間山レベル2になったけど、2キロ以上離れていれば安全っていうことはないからね。
          山に登るか登らないかは自分自身の判断。
          category:- | by:cirruscomments(0) | - | -

          山に登りたいとき

          2015.06.07 Sunday 21:19
          0
            久々木村さんを走りに誘ったら、GSXはフロントフォークOH中。
            で、ガンマは車検切れ。

            山行こうと思ったけど、案の定ダラダラ生活で起きたのは朝9時。
            飯食って洗濯物干してカタナで出掛ける。
            さて、何処を走ろうか。
            いつもは人道の丘公園経由で帰ってくるだけかちょっと足を伸ばす程度。

            今日は思い切って北へ行く。
            国道156号を北へ。
            知らないうちに郡上を過ぎて白鳥まで来てしまった。
            さて、ここまで来てしまったからにはそのまま北上するか、九頭竜から福井へ抜けるか。
            これまた知らないうちにそのまま北上して蛭ヶ野へ。
            蛭ヶ野のスキー場にはこれ見よがしの大量のバイク。
            ゾッとしたのでそのままスルーして荘川まで来てしまった。

            もう選択肢はひとつ。
            国道158号を清見へ向かい、せせらぎで帰る。
            案の定ドン臭いミニバンやエコカーに捕まってしまったが、ここはノンビリと。

            ここのところなかなか山に行く気にならない。
            そういえば木村さんは山登りを始めた頃、山の本に付箋を貼って「次はここ」「ここもいい」といろいろ提案してた。
            最近はバイクに凝っているようだが、先月のGWは久々木村さんの方から「木曽駒ヶ岳」と提案があった。

            今日荘川で休憩してる時、山に囲まれ自然の音を耳にした。
            そして無性に山に登りたくなる。
            身についた性か。

            もう季節は梅雨入り直前。
            梅雨があければもう夏。
            そしてすぐに涼しくなる。
            今年もハード山行の季節がやってくる。

            カタナ 木曽駒ヶ岳

            カタナはリアブレーキOHでしばらくお休み。
            今年は何処の山に行くのだろうか。
            category:- | by:cirruscomments(0) | - | -

            似てるような・・・

            2015.05.17 Sunday 22:21
            0
              あまりにTwitterが手軽にくだらないことを投稿できるのでこちらが放置状態でした。
              背景も暖かく(暑く)なってきたので雪景色から新緑に変更。

              ここのところ仕事が忙しく、休日は仕事以外で平日にできないことをまとめてやるので山ばかり行くこともできず。
              やれやれ状態でゴザイマス。

              でもって「似てるような・・・」ってのは最近のみならず以前から感じていたこと。
              木村さんと出会うきっかけとなったのがクロカン四駆。
              死語となってしまったかもしれないので正確に書くと、「クロスカントリー四輪駆動車」
              今ではSUVという単に車高が高いだけのカテゴリーに入れられているが、いわゆるジープのような車のこと。
              80年台半ばからやってきたクロカン四駆ブーム。
              パジェロなんて「四駆のカローラ」と言われたほど石を投げれば当たるくらい走ってたもの。

              それまでは一部のマニアがジープ、ランクル、ジムニーなどで山の中を走り回っていたくらいだったけど、いつの間にか四駆で街中を走るのが流行るようになってきた。
              そんな連中を「シティーオフローダー」と揶揄していたものだが、いつの間にか形勢は逆転。
              シティーオフローダーが席巻する四駆ブームがやってきた。
              (マニアの中には自分たちが乗り始めた時がブームの始まりと言ってる方もいるが)
              そしてメディアもここぞとばかり四駆専門誌が乱発。
              これに便乗してメーカーもより太いタイヤ、メッキのピカピカのガード、リフトアップならまだしも、高級車の内装から取り入れちゃったもんだから四駆に興味のないユーザーも飛びついてしまった。
              ブクブクと太っていく車体に伴ってエンジンも高出力、高排気量とこれまたブクブク太っていく。

              車だけならまだしも、アウトドアに目覚めた連中狙いにオートキャンプ場も乱立。
              星いくつなんてランク付けして、キャンプ場でカラオケのどんちゃん騒ぎもあったとか。

              しかし所詮ブーム。
              バブルもはじけ、ガソリンを食いまくるデカくて重い車は敬遠され、今はエコカー、ミニバン、軽自動車全盛時代。
              あんなにあった四駆専門ショップも今はどれだけ残っているだろうか。
              老舗の雑誌はいつの間にか電子媒体に移行。
              街中でクロカン四駆を見ることはほとんどなくなってしまった。

              まだまだ登山をはじめて13年しか経ってないが、明らかに今は始めた時と違うことを感じる。
              しかし登山に関してはクロカン四駆とは歴史も中身も違う。
              クロカン四駆が街から消えたように山から登山者が消えることはないだろう。

              でもなぜかどこか似てるような気がするのは思い過ごしか。
              マスコミの変な情報やビジネスチャンスとばかりに意味もわからず参入してくるのに踊らされたり振り回されたりしないようにしておきたい。

              何はともあれ、山にとってはベテランも初心者も男も女も若者も年寄りも関係なし。
              山に登るか登らないかは自分の判断だからね。

              木曽駒
              木村さんが撮ってくれた木曽駒ヶ岳唯一の一枚。
              ここは登りやすいけどやっぱどんな時でも注意して。

               
              category:- | by:cirruscomments(0) | - | -

              モノ

              2015.02.14 Saturday 21:28
              0
                どうしても使っているモノには愛着が湧いてしまう。
                今朝掃除をしようとして12年前に買った掃除機を動かしてみるが、モーターが回らない。
                保護回路が効いていると電源が入らないようなのでしばらく待つ。
                が、入らない。

                日立のお客様相談センターに問い合わせてみると、基板がおかしくなっているかもとのこと。
                そして紹介してもらった修理サービスセンターに問い合わせると、既に基板の在庫は無いらしい。
                まあ、12年も使ったのだから掃除機も寿命だろう。
                ヤマダ電機でまた日立の掃除機を購入。
                動かなくなったものは引き取ってもらった。

                そういえばここのところまた空気が悪い流れになってきた模様。
                昨年の悪夢の2014年の不運がまだ残っているようだ。
                先日溜まりに溜まった新聞を片付けた。
                2014年のものも含まれている。
                古紙に出した後、掃除機で新聞が積んであったところをきれいにした。
                その後に掃除機は動かなくなった。

                多分、残っていた2014年の不運をすべて吸い込んでくれて、自分が動かなくなったのだろう。
                身を挺して守ってくれたのかもしれない。
                たとえモノであれ、今までお世話になったことに感謝。

                CV-SF8
                ↑ 動かなくなってしまった12年使った掃除機

                先日、仕事から帰ろうとしたとき、インプレッサのウインカーがおかしいことに気が付いた。
                確かめてみると右側フロントが点いていない。
                調べてみると、フロントウインカーのバルブは素人では交換が難しいらしい。
                月曜日の夜なので既にディーラーは閉まっている。
                悪いことに、火、水曜日と定休日。

                仕方ないので火曜日出張の際のお昼休みにスバル特約店でバルブを交換してもらうことに。
                45分かかったところで、バルブの交換はできたが点灯しないらしい。
                預かって調べてみないとわからないとのこと。
                昼休みも終わってしまうので、このままお金を払って引き取る。

                そして木曜日、時間休をもらって岐阜スバルに電話するも岐阜市内はすべて断られたが、何とか各務原店で見てくれることに。
                さっそくお店に持ち込んで見てもらうこと15分ほど。
                ディーラーの人が確認してくださいというのでウインカー出してみると、ちゃんと点灯している。

                原因を聞くと、バルブがうまく入っておらず、接触不良だったとか。
                新品に交換したということで、ここでの代金はいいです、と。
                すげー恐縮してしまったと同時になんかすげー恥ずかしい気分。
                何はともあれ、岐阜スバル各務原店様、飛び込みにもかかわらず、ありがとうございました。

                それにしてもプロでもこんなミス、というかウッカリがあるんだね。
                バルブ交換したお店の名前は敢えて伏せておきましょう。

                インプレッサも9年が過ぎた。
                いろいろなところに連れていってもらえて感謝。
                 
                category:- | by:cirruscomments(6) | - | -

                レポアップのお知らせ(各務原アルプス)

                2015.01.25 Sunday 23:17
                0
                  なんというか、自分自身のスキルおよびキャリアアップのために土日使って自腹で東京行ってきた。
                  ま、それなりに何か掴んできた感じ。
                  この歳になってもまだまだ勉強せねば。

                  時間があったので本屋に入って立ち読み。
                  登山コーナーはコース紹介や登山ノウハウの本がいっぱい。
                  その中でちょっと目についたので買ってみた。

                  本1

                  「アルプス交番からのメッセージ」
                  著者はかつて「県警の熊」と呼ばれた元富山県警山岳警備隊長。
                  ご本人も今や高齢者であるが、その中高年の登山について元山岳警備隊長の目から書かれている。
                  まだ途中だけど読んでいて面白い。

                  で、昨年買った山の本。
                  本3 本4

                  お馴染み「山で死んではいけない」。
                  それと「ロープレスキュー技術」、「全図解レスキューテクニック」、「アウトドア緊急対応マニュアル」とこんな類のばかりだ。
                  ここのところ山を案内することも多くなってきたが、やはりそれなりに知識は持っておかないといけない。
                  でもいざその状況に直面した時にちゃんと対応できるかが問題なのだが・・・。
                  日頃からの練習といってもやはり時間は制約される。
                  ま、頭の中にいろいろな方法を詰め込むだけでも知らないよりはマシか。

                  それと昨日はもう一冊買った。
                  (ちょっと古い本だけど)
                  本2

                  っつーかヤマケイばかりじゃん。
                  昨日から一睡もしてないので明日は仕事中にウトウトしないか心配。
                  目を通してみたいが今日は寝ます。

                  寝る前にお知らせ。

                  お山のポ!つながりで案内した一週間前の各務原アルプス山行。
                  今年の番外編1月1日レポで「今年はどんな出会いがあるだろうか。」と書いたのも束の間、それはすぐにやってきた。
                  思えば今一緒に山に同行させてもらっている人はもちろん、木村さんとの出会いも偶然だった。
                  こんな邂逅を繰り返し、現在山に登っていると思うと不思議な感じがする。

                  新鮮な気持ちで久々の各務原アルプス。
                  必ずまた一緒に登ると思う。

                  邂逅って必然なのかもしれないね。

                  あ、それでお知らせ。
                  木村さんの【俺山】2 各務原アルプス〜新年第1弾は低山からお山のポ!〜
                  レポアップしました。
                  お時間のある時にご覧ください。

                  本当にお時間のある時でいいですよ。
                  category:- | by:cirruscomments(0) | - | -

                  あけましておめでとうございます

                  2015.01.09 Friday 22:28
                  0
                    既に年が明けて十日ほど経ったわけですが、改めて明けましておめでとうございます。
                    今年も懲りずによろしくお願いいたします。

                    去年は悪魔の14の年。
                    年が明けたけど年度としてはまだ2014年度。
                    3月までは気が抜けないな。

                    昨年運が悪かったのは元旦に山に登らなかったことか。
                    結果として天気が悪かったとはいえ、いや、天気が悪いことを理由に朝寝坊していた。
                    一年の計は元旦にあり。
                    てなわけで今年は暗いうちに自宅を出発。
                    真っ暗な中を歩いて大岩不動に向かう。
                    300mちょっとの標高の大岩見晴台は雲の中。
                    急いでレインを着てそのまま迫間山、明王山へ。
                    雪が深々と、時には吹雪の中を雪まみれになってひたすら歩く。
                    最後は尻餅をつきながら北側の神社へ。
                    途中人知れずひっそりと祀られている神様にも新年の挨拶。
                    今年はいい年でありますように。

                    で3日は瓢ヶ岳。
                    雪はかなり積もっていたけど、ふくべの森登山口まで1時間40分の林道歩き。
                    そしてトレースの無い中をスノーシューを履いて一人格闘。
                    いやー疲れた疲れた。
                    体力もかなりというか目一杯落ちている。
                    しばらくはリハビリ登山だね。

                    今日は瓢ヶ岳山頂があまりに寒かったので、メリノウールのアンダーを買うことに。
                    しかしメリノは高いしね。
                    好日山荘行ったら40%オフのアウトレットを発見。
                    うまい具合に色、サイズ、形とぴったりのが一枚ある。
                    こりゃラッキーと調子に乗ってクランポンポイントプロテクターまで買っちゃったぜ。

                    クランポンポイントプロテクター

                    いい加減お財布の中考えようよ。
                    しばらくは好きなものガマンガマン。

                    明後日は昨年登った花房山。
                    多分バテバテになるに違いない。

                    今年はもうちょっと頑張るか。
                     
                    category:- | by:cirruscomments(0) | - | -

                    そろそろ始動

                    2014.12.07 Sunday 21:15
                    0
                      9月末に北アルプスから帰還してから事故や喉痛で実に2か月半も山に行かず。
                      一時に比べれば喉の調子も良くなってきたのでそろそろ始動しなくては。

                      自分を追い詰めるせいか、新しい登山靴を買った。
                      思えばジャンダルム、大キレット、裏銀座縦走と歩きに歩いた靴は既に11年。
                      10月に帰ってきた後で改めてみるとボロボロ。
                      ある意味いいタイミングかも。
                      お財布がだいぶ軽くなってしまったけどね。

                      とりあえずピッケルやスノーシューなどホコリを払って出しておいた。
                      秋山を通り越して冬山に突入。
                      アッちゃんが花房山や雷倉に行きたがっているので計画しておこう。

                      明日は高山に出張なので急きょスタッドレスタイヤに交換。
                      その後にスバルでエンジンオイルの交換。
                      スバルは景気がいいのか、電話しても工場はいつもいっぱい。
                      今日は何とか17時から。

                      ちょっとそれまで近くのライ○ランドで時間つぶし。
                      カタナのフロントタイヤもそろそろ交換なので見積もりをお願いしてみた。
                      チューブの値段が入っていなかったので、聞いてみたところ、

                      「え~?! どうしてチューブ入れるんですか?」

                      なんていわれる始末。
                      そういえば車種をカタナと伝えた時、

                      「ファイナルですね」

                      と言われたっけ。
                      ちゃんと'84年式でホイールはノーマルですと言ったんだけどな。

                      ここでの交換は止めておこう。

                      俺道

                      木村さん、バイクもいいけど山も行きましょう。
                      category:- | by:cirruscomments(2) | - | -

                      Calender
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      Selected entry
                      Archives
                      Recent comment
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM