”せっかくの休みだし、せっかく来たのだから”はもうやめ

2014.08.17 Sunday 14:19
0
    巷はお盆休み。
    通勤時間が短縮されるのはいいもんだ。
    明日からは大渋滞に逆戻りだろう。

    ここのところ天候が不安定。
    今も空はゴロゴロ鳴っている。
    さっきまで洗濯物外に干してたのにね。
    昨日も雨が降ったと思ったら急に好転。
    青空が見えたと思ったらまたまた急に雨。

    山に登るときはかなり前から天気予報をチェック。
    空が荒れそうなときはもちろん、雨が降る確率高かったら速攻で計画は取りやめ。
    雨が降るのがわかっていて山に出かけることはしないよ。
    ビビりなんでね。

    よく聞くのが年末年始休みの山での遭難。
    これが今年はお盆休みにニュースに出てしまった。
    新穂高から槍平に向かう途中の滝谷で3人が流され、現時点で2名が見つかったの事。
    あそこはちょっとでも雨が降れば沢が増水するのは有名。
    雨が降っていなくても稜線付近で雨が降っていれば瞬く間に水は増える。
    ここのところの天気からすればいつ増水してもおかしくない。
    豪雨時は槍平小屋のテン場でさえ川のようになるそうだ。

    あの辺りには槍平小屋のスタッフが作った注意喚起の看板が立っている。
    恐らくこれ以上増水する前に早く渡りたい、帰りたいという思いがあったんだろう。
    詳しい状況がわからないけど、周りで見ている人はいなかったのかな。
    誰も止める人はいなかったんだろうか。
    止めたけど無視して渡ってしまったのだろうか。

    ニュースだけだと単純に増水した沢を渡ろうとして流されたとしか読み取れないけど、その他にもいろいろあったようだ。
    こんな状況にも関わらずガイドがロープを使って渡ろうとし、警察や小屋の方々に止められたらしい。
    山岳ガイドなら何をすべきかわからんでもないだろうに。

    またマスコミの取材で槍平小屋のスタッフも困惑している模様。
    現場は電気も無い山の中だ。
    (詳細は槍平小屋のブログを読んでください)

    山での遭難は今に始まったことではないけど、ここ数年の登山ブームで何かずれ始めている気がする。
    あの狂気だった四駆ブームと通じるものを感じてしまうな。

    南沢
    ↑槍平からちょっと南に行った南沢。通常は水は流れていない。

    せっかくのお盆休み。
    ここに向けて計画を立ててきた。
    遠くから来たのだからちょっとくらい天気悪くても登りたい。
    週明けから仕事。
    だから早く帰りたい。

    わからんでもないが、改めて自分に言い聞かしておく。
    ガツガツすると山は逃げていく。
    登らないのも登山。



     
    category:- | by:cirruscomments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM